STORE

iTohen

news

iTohen 昼の学校 「森本 武の講座」<出張編>

event

出張! iTohen夜の学校 森本武 編

J.クリシュナムルティが語る自殺論
『「自死」を招く頭脳の誤動作』

========
生きることに「意味」はない。
「目的」があるわけでもない。
ただ生があるだけだ。
今の自分を生きながらえさせるのに疲れた!というのは頭(脳)。
頭は何も知らないのに。
呼吸器や心臓を動かしているのは、見えない「主人」の知性(The Intelligennce)なのだ。
だからこそ、頭に、意味を問うのをやめる、
目的や価値を追求するのをやめる、
知性が自動運転している生だけにしがみつけ。

あなたに無自覚な知性が、
あなたが気づいていない知性が、実はあなたを生かしている。
あなたの頭は何も知らない。
生への絶対信頼を取り戻したとき、
あなたの頭は「不幸」や「苦痛」といった概念をただちに消去してくれるのだ。

——————
森本 武 (もりもと・たけし)
NPO K’s Point代表、嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学前学長。
「頭脳の限界」と「個の解放」という課題を探求している。
著書に、『苦労の節約』、『思考は生(いのち)を知らない』、『天職に生きる仕事術』など。
また、アナーキー・タケの名で詩作をおこなっており『アナーキー・タケ詩集1』の著作がある。

——————
●日時
11月29日(日)17:00-19:00
※写真家:いぬさんの巡回展示期間中

●会場
GOJO GUEST HOUSE
京都府京都市東山区 五条橋東3丁目396−2

●参加費
1,200円+ワンドリンクご注文

●定員 10名

●主催 Books Gallery Coffee iTohen 担当者=アジサカ


ご予約
・お問合わせ

いとへん Books Gallery Coffee
090-7550-8293
http://www.itohen.info/contact/

ご予約は、ajisaka<at>skky.info
※<at>を@に変換、または<contact>ページからご連絡ください。

森本 武|NPO K’s Point代表  <詩人>
J.クリシュナムルティの思想研究をライフワークにし、1997年にイギリスのクリシュナムルティ・センターの研究員となり1年間滞在し「頭脳の限界と個の解放」というテーマを、生前クリシュナムルティの身近にいた人々に囲まれ研究する。著書に、『苦労の節約』、『思考は生(いのち)を知らない』、『日常を深く生きる』などがある。また、アナーキー・タケの名で、詩人としても活動している。

  

オンライントーク<アワ・ナイト Vol.4>

event

アワ・ナイトと題したオンライン・トークの第4回目です。今回は、イトヘンで展覧会を開催中の“西 淑”さんと今展を企画した“ON READING”さんににお話を伺います。ご飯を食べながら、またお酒を愉しみながら、せっかくのご自宅でのことですし、気軽な気持ちでぜひご参加ください!途中参加も、退出も出入り自由の風通しの良いオンライントークにしたいと思います。
記載=鯵坂兼充(coffee books gallery iTohen)

【 開催日時 】
2020年10月16日(金)22:00〜23:00 1時間を予定
参加無料

【 語り手 】
●西 淑
書籍の装丁や広告、雑誌などで幅広く活躍中のイラストレーター。著作に『なくなりそうな世界のことば』(共著/2017/ 創元社)、作品集に『西淑作品集』(2019/ELVIS PRESS)、『DRAWINGS』(2020/ELVIS PRESS)。

●ON READING/ELVIS PRESS
名古屋のブックショップ&ギャラリー。2009年より出版レーベル『 ELVIS PRESS 』も運営している。

【 聞き手 】
●鯵坂兼充
http://www.itohen.info/


【 視聴方法 】
今回も<zoom>による配信を行います。ご視聴の際はお持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットをご用意下さい。スマートフォン、タブレットをご利用の方は<zoom>の“アプリ”が必要です。無料で配布されていますので、あらかじめダウンロードしておいてください。
ログインに必要なURL、ID、パスワードが下記になります。ご利用ください。

https://us02web.zoom.us/j/85151695687?pwd=Vkt0eERmVkNNdHFCUk1mbHZjc1J3Zz09

ミーティングID: 851 5169 5687
パスコード: 407840

【 注意点 】
Zoomへのログイン時、ビデオ(カメラ)のオン・オフが求められます。オンを選ぶと画面にご自身の顔が映りますので、もし映したくない場合はオフをお選びください。またログイン後、音声通話ができる状態になりますので、視聴者の皆様は画面左下にあるマイクボタンでミュートの選択をお願いします。もしトーク中にご質問などあれば、チャット機能でお伝え頂けたらと思います。どうぞご協力お願い致します。

■広報協力=間芝勇輔
http://www.mashiba.jp/index.html

アートに関わる人のためのポートフォリオ作成講座(全3回)

event

「ポートフォリオ、更新したのいつですか?」
「更新しなきゃとは考えていたんですが…」
「ポートフォリオ見せてください」
「インスタじゃだめなんですか?」
自分の活動をまとめて、次の機会にそなえる。
活動が止まりがちな、今だからできることがあります。
ポートフォリオってなに?からはじめる、ポートフォリオ作成連続講座(全3回)です。

日程
①10/21 (水)19:30〜21:30
②10/28 (水)19:30〜21:30
③10/31 (土)14:00〜17:00
会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]
(※イトヘンでの開催ではありません。ご注意くださいませ)
定員:対面受講10名/オンライン受講 50名(Zoomを使用します。)
対象:アートに関わり、ポートフォリオの作成・更新を必要としているかた(アーティスト・アートマネージャー・テクニカルスタッフなど)
受講料:対面受講3000円(全3回)/オンライン受講 無料(①②のみ)

お申し込みはこちらから
http://www.enokojima-art.jp/event/5502/

①10/21(水)19:30〜21:30
ポートフォリオってなに?
・なぜポートフォリオ作るの?
・誰に向けてつくるの?
・どうなりたいの?誰に会いたい?どんな仕事をしたい?
・自分の活動歴をまとめる
◎持ちもの:筆記用具・ポートフォリオ(あれば)
②10/28 (水)19:30〜21:30
見やすいポートフォリオとは
・デザイナー/編集者視点から見るポートフォリオ
・事例をみる
・方向性の決定
◎持ちもの:筆記用具
③10/31 (土)14:00〜17:00 【対面受講のみ】
ポートフォリオをつくってみよう(実践編)
・使用用途を想定して編集・デザインをする
◎持ちもの:筆記用具・活動の資料・普段お使いのパソコン・タブレット(あれば)
講師:鯵坂兼充<アジサカ・カネミツ>
1971年鹿児島県川内市生 (現:薩摩川内市)。グラフィックデザインを学ぶ為単身、大阪へ 。
上田学園 大阪総合デザイン専門学校 グラフィックデザインコース 特待生として研究科修了。
卒業後、大阪府の文化事業に参加。森喜久雄:壁画スタッフとしてインドネシアへ。
修了後、銅版画による作品制作を開始株式会社クル:インテリアデザイン事務所へ勤務。家具、照明などオリジナル造作物制作担当として勤務。大阪総合デザイン専門学校:商業美術コースへ専任講師として勤務 銅版画、シルクスクリーン(プリントメイキング)を中心に担当。 2001年に独立。
グラフィックデザインを中心としたSKY GRAPHICS設立。 2003年に大阪市北区本庄西にギャラリー業務を主体とした複合施設<iTohen>開店。 有限化にともない商号を<(有)SKKY(すかい)>へ 変更。現在、グラフィックデザインを中心に活動。また各作家のサポート及びプロデュースを行う。2004年〜2011年の間には、美術作家:森口宏一氏の制作アシスタント兼任。

【夜は銀河の時間 〜『風の人、木立の人』刊行記念トーク】

event

出演:城下浩伺、津田貴司、鯵坂兼充(iTohen)

・日時:2020年10月24日(土)15:00〜17:00
・会場:iTohen
大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
http://itohen.info
・料金:1500円+ドリンク
・予約受付:ito_hen@skky.infoもしくは090-7550-8293まで

『風の人、木立の人』執筆者の津田貴司さん。本著に登場する美術作家の城下浩伺さん、私、iTohenの鯵坂兼充とともに、三人による鼎談を行います。それぞれの制作の現場について、インタビューには登場しない逸話も交えてお話しします。ぜひ、お気軽にご参加ください!◎参加ご希望の方は、直接メッセージをお送り下さっても大丈夫です。

この機会にぜひ、お気軽にご参加ください!

津田貴司
https://www.takashitsuda.com/

城下浩伺
https://koji-shiroshita.com/

iTohen 昼・夜の学校 「阿部海太 編 デッサン教室」

event

◆iTohen 昼・夜の学校◆
「阿部海太 編 デッサン教室」
第32回:静物デッサン(自然物を描く)

■日時:10月8日(木曜)
*9月より教室を再開致しました。
当面はマスクの着用をお願い致します。
[昼の学校] 16:30~18:00
[夜の学校] 19:00~20:30

*昼・夜は同じ課題となります。
ご都合の良いお時間をお選び下さい。

■会場:iTohen
■参加費:各回¥2,000(1ドリンク付き)
■定員:各回8名(当面の間は定員8名で開校します)
■持ち物:スケッチブック(B4サイズ以上で、厚手の画用紙のもの)
鉛筆(2B〜HBで数本)、消しゴム、カッターなど。

主に鉛筆を使った様々なデッサンに取り組む教室です。基本的な道具の使い方から指導しますので、初心者の方も大歓迎です。
描くのって、こんなに楽しいのか、と思える時間を作りたいと思っています。
ぜひお気軽な気持ちでご参加ください!



■今後のスケジュール
11月19日(木曜)

ご予約は、お電話06-6292-2812 また当方の<CONTACT>からご連絡くださいませ。


阿部海太(あべ・かいた)

絵描き・絵本描き。
1986年埼玉生まれ
東京藝術大学デザイン科卒業後、ドイツ、メキシコへ渡る。
帰国後、東京にて絵画と絵本の制作を開始。2016年より拠点を神戸に移す。
著書に『みち』(リトルモア)、『みずのこどもたち』(佼成出版社)、
『めざめる』(あかね書房)。共著に『はじまりが見える世界の神話』(創元社)

ワークショップ『えとことばとこころ』

event

iTohen昼の学校のお知らせです。ぜひ、お気軽にご参加ください。


絵と言葉は、観る人、読む人により、いろいろな風景が心に浮かびます。

「絵本を読み聞かせ合うこと」「ソートストームを行うこと」を通じて、自分の心の扉を開く「鍵」の存在に気づくことが出来ます。

<プログラム内容>
〜絵本の読み聞かせ合いワーク~
参加者がペア(その場でペアを決めますので、お一人でも参加可能です)になり、絵本の「読み聞かせ合い」を行います。その後、起き上がったテーマで、グループセッション=「ソートストーム」をします。

「ソートストーム」とは、それぞれの考えの違いを超えて、共通の気づきをもたらす方法。マインド・リンキング(心の結合)を経験してみましょう!

★ソートストームマニュアルとは、教育心理学者、教師のハリーパルマー氏が開発したアバター®︎教材の一つです。

参照:https://avatarj.com/books/

◆開催日時=2020年7月24日(金・祝))10時~12時30分
◆開催場所=いとへん Books Gallery Coffee 
〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F

◆お問い合わせ先=足立真知子(あだち・まちこ)
machikoavatar@gmail.com  
080-4239-8813

◆参加費用=2,000円(1ドリンク付き) 
◆定員:6名(高校生以上の大人対象)

主催者プロフィール
足立真知子 Machiko Adachi<画家>
◎絵画造形総合塾(有)えむスタジオ 代表取締役
◎発達障がい児アートサポートNPO法人ma-ma(まーま)理事長
◎自己開発プログラムアバター🄬マスター

谷川賀苗 Kanae Tanigawa<帝塚山学院大学 人間科学部心理学科教授>
絵本と子どもの心の育みについて研究を重ねている。絵本を読み聞かせ合うワークセッションを通じて絵本の持つ魅力を伝える活動を行っている。
https://little-bs.jp/

『振|生|複|弦』ONLINE TALK Vol.2

event

只今大阪はiTohenにて開催中の宇加治志帆・阿部海太による二人展『振|生|複|弦』。

最終週となる今週末の6月28日(日)19:30より、ライブ配信(zoom)による『振|生|複|弦』オンライントークvol.2を開催します。
 
前回のvol.1では展示開催の経緯や、制作期間中に考えたことなどを振り返りましたが、(アーカイブをご覧いただけます→『振|生|複|弦』オンライントークvol.1)vol.2では二人の作家を引き合わせた林智樹さんをゲストにお招きし、「表現における自己と他者」というテーマでお話しします。

創作の中で生じる/崩れる自己と他者の境目、作品を人に手渡すこと、自己表現という呪縛について、などなど、表現活動の様々な場面で立ち現れる「自己と他者」の関係性について、今回の二人展での経験を頼りに掘り下げてみます。参加無料のイベントです。お気軽にご視聴ください。 


【 開催日時 】
2020年6月28日(日)19:30~
参加費無料
 
【 話し手 】
宇加治志帆 × 阿部海太 × 林智樹(社会福祉士)
 
【 視聴方法 】
今回はzoomによる配信を行います。
スマートフォン、タブレットをご利用の方は「zoom」のアプリが必要です。
あらかじめインストール(無料)をお願いします。
開催時間になりましたら、以下のリンク先よりログインください。
(予約不要になりました)
 
Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/89009894568?pwd=YlcxUk1hUTVOb3VUc1RiS1pIV1dxQT09

ミーティングID: 890 0989 4568
パスワード: 309858 
【 注意点 】
Zoomへのログイン時、ビデオ(カメラ)のオン・オフが求められます。オンを選ぶと画面にご自身の顔が映りますので、もし映したくない場合はオフをお選びください。

またログイン後、画面左下にあるマイクボタンがミュートになっているかどうか
ご確認をお願いします。(赤い斜め線が入っていればミュート状態です。)
もしトーク中にご質問などあれば、チャット機能でお伝え頂けたらと思います。
どうぞご協力お願い致します

ミーティングID: 896 8949 7689
パスワード: 263866



 【 注意点 】
Zoomへのログイン時、ビデオ(カメラ)のオン・オフが求められます。オンを選ぶと画面にご自身の顔が映りますので、もし映したくない場合はオフをお選びください。

またログイン後、画面左下にあるマイクボタンがミュートになっているかどうか
ご確認をお願いします。(赤い斜め線が入っていればミュート状態です。)
もしトーク中にご質問などあれば、チャット機能でお伝え頂けたらと思います。
どうぞご協力お願い致します。

オンライン本屋トーク『今宵、本屋はどんな夢を見る』Vol.1

event

あらゆる分断が進みつつあるこの時代に、奇しくも拍車をかけるかのようなこのコロナ禍。
愛と想像力を欠いた社会の現状を突きつけられている今、本の作り手として、また一本好きとして、改めて「本」そして「本屋」の意義というものを捉え直してみたいと思いました。
人々が活動自粛を迫られる中、本屋を営む人たちはいったいどんな思いを抱えているのだろう。僕が公私でお世話になっている4人の書店店主をお招きして、
ライブ配信(zoom)によるオンライン本屋トークを開催します。
記載=阿部海太


ここiTohenでは、展覧会の開催はもちろんのこと、月に一度のデッサン教室で講師を務めて下さっている阿部海太(あべ・かいた)さんが、このような企画を考えてくださいました。この状況だからこそ、出来ることはなんだろう、、。そんな悩みを阿部さんが真摯に受け止め、形にしてくださいました。
ご飯を食べながら、またお酒を愉しみながら、せっかくのご自宅でのことですし、気軽な気持ちでぜひご参加ください!途中参加も、退出も出入り自由の風通しの良いオンライントークにしたいと思います。
記載=鯵坂兼充

【 開催日時 】
2020年4月18日(土)20:00~21:30
終了致しました。ご興味のある方は、以下よりご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=S07vstzYJ3o

【 聞き手 】
●阿部海太[絵描き、絵本描き]
http://kaita-abe.com/

【 語り手 】
●iTohen 鯵坂兼充
http://itohen.info/

●オヨヨ書林 せせらぎ通り店 佐々木奈津
https://oyoyoshorin.jp/about_shop/

●blackbird books 吉川祥一郎
https://blackbirdbooks.jp/

●READAN DEAT 清政光博
http://readan-deat.com/

【 テーマ 】
< 1. 現状の様子>
現在のお店の様子や、それに伴う問題など、情報や意見を交換。

< 2. お店を開けるということ。閉めるということ。>
コロナウイルスの感染拡大を考慮して、お店を開けるにしろ、閉めるにしろ、
街に本屋があるということ、そのこと自体への問いや答えについて考えを巡らしていることと思います。
それぞれのお店の思いを聞きつつ、今後本や本屋がどのような役割を担うことが可能か、
現状だけでなく、未来へ向けた話ができればと思います。

< 3. 本の紹介>
今、そしてこれからの時代に読みたい本、
読んでもらいたい本を数冊、各人からご紹介いたします。

________________________________________________________

【 視聴方法 】
今回はzoomによる配信を行います。
ご視聴の際はお持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットをご用意願います。スマートフォン、タブレットをご利用の方は<zoom>と言うサービスの“アプリ”が必要です。無料で配布されていますので、あらかじめダウンロードしておいてください。
ログインに必要なURL、ID、パスワードを事前にお伝えしますので、
開催前(ギリギリでも大丈夫です)までに下記までメールで受付をお願いします。

【 注意点 】
Zoomへのログイン時、ビデオ(カメラ)のオン・オフが求められます。
オンを選ぶと画面にご自身の顔が映りますので、もし映したくない場合はオフをお選びください。
またログイン後、音声通話ができる状態になりますので、
視聴者の皆様は画面左下にあるマイクボタンでミュートの選択をお願いします。
もしトーク中にご質問などあれば、チャット機能でお伝え頂けたらと思います。
どうぞご協力お願い致します。

________________________________________________________

iTohen 昼の学校 滝本ヨウの木削り教室

event

会場:iTohen
日時:2019年11月19日(火曜)
13:30〜16:30
参加費:大人3500円/子供2500円
http://kikezuri.moo.jp/newpage4.html

■滝本ヨウ
1949年和歌山県生まれ。
18歳でカリフォルニアに移住。南カリフォルニア大学(USC)卒業後、東京で22年間都市計画業務に関わる。
1998年<ふるさと工房HOME>を設立。木けずり教室を、日本及びアメリカで開催しながら、広い視野で地域生活圏をベースにしたふるさとづくりを推進中。
http://kikezuri.moo.jp/newpage22.html
https://www.youtube.com/watch?v=5J0f_PVY_og

この機会にぜひ、お気軽にご参加ください!

※ご予約は090-7550-8293(いとへん)または当方のサイト<contact>ページよりご連絡ください。

「iTohen 昼の学校:アトリエ インカーブの書籍出版に込めた、ちょっと小話」

event

17年にわたって知的に障がいのあるアーティストたちの創作活動を支援してきたアトリエ インカーブは、現代アートとして作品を発表・販売し、彼ら/彼女らが アーティストとして独立することを目指しています。この度、2冊の関連書籍ができました。

今回の昼の学校では、「アトリエ インカーブの活動」から「書籍に込められた物語」までを、アトリエ インカーブの現場で働くスタッフからお話させていただきます。

■日時:2019年9月29日(日)16:00~ 約1.5時間ほどを予定
■会場:iTohen=大阪市北区本庄西2-14-18 富士ビル1F
■参加費:¥500(1ドリンク付)
■定員:30名
■聞き手:鯵坂兼充<iTohen>
■スピーカー:林智樹<アトリエ インカーブ>
アトリエ インカーブ チーフ。ギャラリー インカーブ|京都(インカーブ専属のコマーシャルギャラリー)の立ち上げに携わり、
作品の管理や国内外のアートフェア業務を担当。社会福祉士・学芸員の資格を有する。

アトリエ インカーブ: http://incurve.jp

Facebook: https://www.facebook.com/incurve.jp
Instagram: https://www.instagram.com/atelier_incurve/

– – –

■書籍の紹介
○共感を超える市場 つながりすぎない社会福祉とアート
2017年9月、「ATELIER INCURVE in ART FAIRS 障がいのあるひとの創作と市場」と題したシンポジウムを行いました。 本書はその講演録に加筆し、障がいのある人がクリエイティヴィティによって社会的・ 経済的に自立へ向かう姿を描き出し、障がいのあるなしに関わらず、人がその人らしくはたらく・生きる可能性を探ります。 東京大学大学院経済学研究科の松井彰彦教授は、市場は〈弱肉強食〉や〈競争〉のイメージがある一方で〈自立〉を助ける場でもあると語ります。
本シンポジウムでは、松井教授に「市場の力」について基調講演をいただき、アトリエ インカーブ代表の今中博之と「市場×福祉」をテーマに対談しました。シンポジウム講演録に加え、作品を市場につなげるノウハウをまとめたヒント集も収録。 障がいのある人の創作活動を支える皆さまに、理論や想い、実践などさまざまな角度から読んでいただきたい一冊です。

好きな人がいれば手を組めばいいし、嫌いな人なら手を切ればいい。選択肢の多い市場では「差別をしない取引」が可能です。つまり、市場の中には社会的に弱い人だから差別をするという行動規範は薄いのです。ゆえに、しがらみも少ない。だからこそ市場は、国を超えて人と人をつなげていくのです。
 (今中博之「あとがき」より)

http://b-incurve.jp/online/online_kyokan.html

○かっこいい福祉 村木厚子・今中博之
「自力と他力、内閉と開放、市場と制度ーフクシの葛藤は生の葛藤だ。
 二人のプロフェッショナルが繰り広げる、手に汗にぎる次世代福祉論!」
—熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術センター教授、小児科医)

低賃金、重労働、人手不足……
福祉の仕事は他の業界に比べ、なぜ低く見られてしまうのか?厚生労働事務次官を務め、現在は生きづらさを抱える少女・若い女性を支援する若草プロジェクト代表呼びかけ人の村木厚子さん。自らも100万人に一人の先天性障がいがあり、知的に障がいのあるアーティストが集うアトリエインカーブを運営する今中博之。「制度」と「現場」の両側からが、「かっこいい福祉」を実現するにはどうするべきかを縦横無尽に語り合います。社会福祉に携わるすべての人へ、エールを送る一冊です。

http://b-incurve.jp/online/online_fukushi.html

ご予約はお電話=090-7550-8293(いとへん)または<contact>からご連絡ください。