STORE

iTohen

exhibition

current

阿部海太『ぼくがふえをふいたら』絵本原画+新作展

※次回の営業は2021年1月16日(土)より阿部海太さんの展示 第二週目が再開です。期間中の土曜・日曜・月曜のみ、全日11:00〜18:00まで開店しております。イトヘンがある大阪でも1月13日より“緊急事態宣言”が出ましたが、アルコール消毒・アクリルの飛沫感染対策・マスク着用・定期的な換気はもはや基本として、変わらずの感染対策をしながら皆様のお越しをお待ちしております。


“ぼくがふえをふいたら”と題した絵本。彼が物語を考え、それを絵にまとめた一冊が出来上がりました。各所に持ち込みし、それでもなかなかうまく事が進まなかった時に、とある書店で気になる絵本を見つけたと言います。それが岩波書店が発刊されたものでした。編集にフリーランサーの鈴木加奈子さんを迎え、本作が実現。構想から2年を費やしたと言います。
子どもはもちろん、大人も楽しめる物語。原画と絵本を見比べる楽しみもあると感じております。そして今展の為に用意した描き下ろしの作品もご披露し、販売もしております。

記載=鯵坂兼充


『ぼくがふえをふいたら』
作=阿部海太
出版=岩波書店
協力=鈴木加奈子(編集者)