STORE

iTohen

exhibition

ササキエイコ 展 『ありふれた空洞』

iTohenでは、初の発表となりました。現在、関東を中心に展覧会での作品発表と挿画などのイラストレーションの現場でも活躍されるササキエイコさんの展覧会です。彼女の作品の魅力をご自分の目で確かめて頂ける機会になりますよう。是非、この期間中に足をお運びくださいませ。

*

目覚める度にからっぽのいれものになる
透ける水を入れ、攻撃的な色の花を挿したり
時には壊れた言葉やうるさいがらくたのようなものを投げ入れられても
部屋には無数の穴、

翌日にはありふれた空洞が転がっている

ササキエイコ
EIKO SASAKI
1989年兵庫県生まれ。
京都精華大学イラストレーションコース卒業。
アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作。
「HB FILEコンペ Vol.24」永井裕明賞。
最近の仕事に『濱地健三郎の霊なる事件簿』(有栖川有栖 著、角川書店)装画、
王舟「Thailand」(felicity)カセットテープのアートワークなど。

https://ekssk.tumblr.com/

 

◆期間中、ササキエイコさんによるライブドローイングを開催します。

2018年5月5日(土)
16:00- 約1時間(時間を越える場合は、ご了承ください)
参加費:¥1,000(1ドリンクをお付けして)

詳細は当方サイト、FBやtwitterなどで随時、お知らせ致します。

期間中、月曜〜木曜は定休日です。作品をご覧になりたい方は、ぜひご連絡ください。ご連絡を頂けると、定休日以外でもご覧頂けます。電話=06-6292-2812またはcontactよりご連絡ください。尚、ご入店の際には、1ドリンクをご注文下さいませ。

◆開催日
5月4日(金)、5日(土)、6日(日)、11日(金)、12日(土)、13日(日)、18日(金)、19日(土)、20日(日)=計9日間

_広報デザイン_
三重野龍